無呼吸症候群の症状の特徴と対策方法

無呼吸症候群の症状は、寝ている間は「いびきをかく」、「いびきが止まって大きな呼吸と共にまたいびきをかき始める」、「呼吸が止まる」、「呼吸が乱れたり息苦しさを感じる」、「むせる」、「何度も目が覚める」、「寝汗をかく」などの特徴があります。

起きたときには、「口が渇いている」、「頭がズキズキ痛い」、「熟睡した感じがしない」、「すっきりと起きられない」、「身体が重い」といった特徴があります。

 

起きているときには、「強い眠気がある」、「だるさや倦怠感がある」、「集中力が続かない」、「慢性疲労」などの特徴があります。

無呼吸症候群の対策方法は、肥満なら痩せるのが有効です。太ると喉にも脂肪がついて睡眠時に塞がりやすくなりますから、単純に痩せるだけで無呼吸症候群を劇的に治すことも可能です。お勧めはカロリーコントロールや食事制限です。

極端に食べようとしなくても、アルコールや嗜好品をやめて和食中心の食事を食べ過ぎないようにするだけで大幅に痩せることも可能でしょう。

運動は、いきなり激しいジョギングなどをすると膝を痛めたりしますのでウォーキングなどのハードすぎない運動から始めましょう。寝始めるときには、仰向けではなく横向きで寝るように心がけましょう。